ミックス犬の杏。 メモリアルドッグ

2014年04月21日 14:41

2014_04150014.jpg

13歳でお星様になったミックス犬の杏ちゃん。

金ちゃんファミリーの金太郎君の娘でした。

金たろ母ちゃんより。

・・・・・・・・・・・・・

金太郎がいなくなった当時は11歳、
まだまだ元気いっぱいの杏でしたけど、
12歳のお誕生日を過ぎた頃から散歩に行きたがらなくなりました。

そのうち立ち上がれなくなって、病院で痛み止めを貰っていました。
食欲も旺盛でまだまだ大丈夫だね、と13歳のお誕生日を迎えた杏でした。

寒いときはあまり外に出たりはしなくなりましたけど、
暖かくなったら・・と思っていました。

杏1

あの日、いつものようにごみ箱を外に出していれば・・・
あんなことにはならなかったんだろうに・・・

まさかごみ箱の中身を食べたとは思わず、
午前中いつもの薬を貰いに病院に行って診察を待っている間に
急に嗚咽をしだした杏。

出したくても出せない様子に慌てて先生に診て頂くと
「胃捻転かもしれませんね。このままあずかってしばらく様子を見ましょう」
ということだったので心細げな表情の杏を残して家に帰りました。

2014_04170001.jpg

夜になって病院から電話があり
「様態が急変したので緊急手術をします」ということ。

何が何だか分からないまま2時間後の
[手術は無事終わりましたので、明日の朝面会に来てください」
という電話を貰うまではおろおろしっぱなしでした。

翌朝、病院に行こうとしていたときに電話が「
お水を飲ませようとのぞいたら、杏ちゃんが息をしてなくて・・・」

急いで会いに行きたかったのですが、
病院側から「午後からにしてください」と言われたので午後一に出かけました。



2014_04150017.jpg

その時に胃の内容物を見せられて、
「あー、ごみ箱の中の物を食べてしまったんだ」と初めて知りました。

中には今まで絶対に食べなかったラップやヤクルトの容器が入っていました。
(杏はヤクルトの中身を器用に飲む子だったんです。)
そんなにお腹がすいてたはずはないのに。

ひょっとして認知症が始まっていたのかもしれませんね。
杏のそんな変化に気が付いてあげられなかったことが悔やまれて、
何時までも涙が止まりませんでした。

人と同じようにワンちゃんも年を重ねると認知症が出るということは
頭では理解しているつもりでした。
でも、まさかこんなに早く杏がそうなるとは思ってなかったです。
(徘徊も無駄吠えもしなかったので)

2014_04170005.jpg

今は大好きな金太郎父ちゃんと一緒にお腹いっぱいいろんなものを食べて、
若いころのように走り回ってるんだろうな。

ときどきは母ちゃんと空、コモモの様子を見に来てたりして、ね(^_-)-☆

まだこんなことを書いてると涙が出てしまいますけど
いつかはいい思い出として話せる日が来てくれると思います。

金太郎と杏に教えてもらったこと、
これからコモモと空と一緒に過ごすときに役立てて行こうと思っています。


・・・・・・・・・・・・・




について
詳細はこちらをご覧ください→「オーダーについて」
よろしくお願いします!!


ただいまランキング第1位!いつもありがと~!
今日もポチっとよろしくです!

にほんブログ村

スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umibenoiewendy.blog20.fc2.com/tb.php/825-552a03b9
この記事へのトラックバック


最新記事