ゴールデンのリトル。 メモリアルドッグ

2013年03月23日 14:05

リトル1

2年半前に16歳でお星様になった
ゴールデンのリトル君です。

前回はお座りポーズでしたので今回は伏せでお作りしました。


リトルママさんより。

・・・・・・・・・

16歳まで笑顔で過ごしたリトルを1年間、夜は側をほとんど離れず、
2日に一度の自宅での点滴も欠かすことなく介護していたのが母でした。

昨年9月、お願いしていたチビリトルと対面した時
「何でこんなにそっくりなの?」と涙した母。

「伏せをしているリトルも見たいわ~」と一言
「じゃあ次も、ちゃあさんにお願いしてみる?」と聞くと
ニャっと笑い「そうだね」と嬉しそうに言っていました。(笑)

2013_03110008.jpg

そんな母、ベジタリアン犬だったリトルの為に
大好物のトマトは、どんな時にも用意がされていました。

そう!我が家には、お犬様用のトマトが存在していたのです。(苦笑)
食べたいなぁと思っても「リトルのだから」と
キッパリお断りされるお犬様用トマト・・・

それを見て野菜好きな事を知っている子供達は、
テーブルの下でおこぼれを待っているリトルに
大人達には見つからないように野菜や果物を、
こっそり(わざと落として)あげていました。

人が大好き、ボール大好き!水遊びも雪遊びも大好き!
いつも子供達と一緒でした。

リトル

病院も病院の先生も大好きだったリトル、ただ1つ苦手なものは・・・
夏の風物詩、大きな音の出る花火や爆竹でした。

逃げ込む先は決まってお風呂場、
しかも風呂蓋の上でガタガタと震えながら耐えて
時には、風呂蓋ごと入浴していました・・・
1番風呂、何回入ったかなぁ(笑)

思い出は本当に沢山。
リトルが若かったころお散歩しながら公園に行くと
大型犬の遊び友達もいっぱい集まっていて
毎日を楽しく過ごし、そんな日々がとても懐かしく思い出されます。

やんちゃでしたが本当に沢山の方々に可愛がって頂いていたリトル!
そんなリトルと家族でいられて、とっても幸せでしたぁ。

そして、これからもチビリトルとは、いつでも一緒!
ここでは語り尽くせない思い出話を家族でたっぷりと楽しみたいと思います。

・・・・・・・・・・


2013_03110007.jpg

人間様の口には入らないお犬様用トマト・・・
わかる気がする~

ウェンディもリンゴが大好きだったので
わんころが必ずウェンディの分を残してあげてました。

おとなしくて、優しくて、賢くて、人が好きで、花火が大嫌い!
ゴールデンのたっぷりとした大きな体が懐かしいです・・・





只今ランキング第1位~いつも応援ありがとね~
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://umibenoiewendy.blog20.fc2.com/tb.php/660-96cbb5b7
    この記事へのトラックバック


    最新記事