石垣島から礼文島。

2012年12月06日 15:36

2012_12060013.jpg

石垣も寒波の影響で冷え込んでいます。

日中でも19℃までしか上がりません・・・
ホットカーペットとコタツを出して冬支度です。

そしてまたまたやってきたPAC3・・・

どおりで防災無線の試験放送が多い訳だわ~
今回も何事もなく無事に過ぎますように(*・人・*)



・・・・・・・・・・・・・



石垣島には映画館がありません。

ワタシが住み始めたころは(約30年前)2軒ありました。

1軒はピンク映画専門な感じで・・・
もう1軒は床にゴミが散乱し、前の座席に足をのっけて
たばこを吸いながら映画を見れる廃屋のような映画館でした・・・

2012_12060010.jpg

その後まともな映画館ができましたが数年前に廃業。

たまに試写会などが市民会館でありますが
もう何年も大スクリーンで映画を見たことがありませんでした。



しか~し、今回の映画のロケ地は稚内、礼文、利尻!!
礼文島出身のダンナ、見ないわけにはいきませ~ん


稚内市と石垣市の友好都市締結25周年記念の無料試写会でした~

2012_12060011.jpg

石垣島から礼文島には1日ではいけません!

初めて2人で帰った時は・・・

朝一番で石垣→那覇→羽田→千歳と飛行機を乗り継ぎ、
その夜札幌から寝台車(今は無いそう!)で翌朝早く稚内に到着。
そこからフェリーで2時間半・・・

すごいでしょ~~、外国みたいに遠いのです。

その後は東京のワタシの実家に1泊して
次の日ローカル便で羽田→稚内空港→フェリー
で行くようになりました。

それに今みたいに飛行機も安くなかったので
家族全員で行くと旅費はウン十万円・・・
なので結婚24年で4回しか礼文には帰っていません

そして高齢な両親は数年前に
札幌の義兄家族と暮らすようになったので
もう礼文に帰る事もないかも・・・なのです。

2012_12060014.jpg

ストーリーの関係か、映画は吹雪いていたり、
曇りで暗~い場面が多かったのですが
何度か見た風景を見ることができました。
実家の近くも映ってたそうです

この映画のために建てられた小学校は
与那国島の「Dr.コトー診療所」のように
観光名所になるのでしょうねぇ。

2012_12060015.jpg


・・・・・・・・・・

わんころが小学2年生の夏休みに
家族で帰省した時のことを自由研究でまとめたものです。

校長先生に大変褒められ、ナントカ賞を頂きました!
ただの日記も場所が場所なので珍しかったのかな

石垣島と礼文島は2900Kmも離れてるんですねぇ・・・

2012_12060017.jpg

高齢になって住む場所が変わると痴呆が進むと聞きましたが
礼文で生まれ育った母は、札幌に移ってからやはりかなり・・・
今は入院中です。

札幌から礼文もかなり遠く体力も使うため
もう両親が礼文に帰ることはないと思います。
口には出さないけど、どれだけ帰りたいことか・・・

ワタシ「この映画のDVDが出たら札幌に送ろうか」

「見たら帰りたい気持ちが募るからやめた方がいい」とダンナ。

そうかな・・・
もしワタシがそうなった時・・・
帰れなくても石垣島の映像はきっとみたいと思うな。

礼文



<業務連絡~>
わんこをご注文済みの方で
お写真などをまだご準備いただいてない方は
お早めにお願いしますね~~!!

只今ランキング第1位~!!いつもポチっと応援ありがとね~!
次回はホントにラスティ君のご紹介です!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


コメント

  1. buchi0804 | URL | -

    礼文島は学生時代に自転車を持って行きました。
    あまり走るところはなかったのですが(笑)
    ユースホステルに泊まり、あまりにも素晴らしかったので
    宿泊を追加してしまいました。
    厳しい冬でなく、夏に訪問したかもしれません。

    石垣島は家族旅行で訪れ、生涯最高の旅になったと思っています。
    あの、コバルトブルーの海の色は今でも忘れられません。

  2. vanillamama | URL | -

    石垣にしろ礼文にしろ いいところですよね~
    行ったことないけど…見たことだけ(笑)
    普通の町に生まれて 普通のサラリーマン家庭に育った私は
    島で生まれて 漁師の家で育った!なんてのが
    すんごい羨ましかったです(^^ゞ
    子供達は 山で遊んで川で泳いでって育ちだったんで
    いいな~と思います。

    北のカナリア 気になってます。
    湊かなえさんの作品 なんとも言えず引き込まれます。

  3. もんぶらんママ | URL | -

    礼文島と東京出身の彼と彼女が石垣島で出会い、
    ふたりの歴史をつくっていく。
    こっちの方がよっぽどドラマティックじゃありませんか。
    誰か大河ドラマにして~

    北海道のご両親の話はいつも胸つまるものがあります。
    ちゃあさんの優しさを感じ繰り返し読んでしまいます。

  4. 金BOO | URL | liD2C.ig

    ちゃーびらさい!久さしぶりやいびーん!
    礼文出身???キャー北から南へ。
    ホント、そうなると帰省は大変ですよねー。
    季節・習慣・食事・・文化の違いも外国なみに
    ビックリしたでしょうねー。


  5. ♪ちゃあ | URL | -

    buchi0804さん♪

    はじめまして!
    礼文と石垣両方行かれてるのですか~~ヽ(^◇^*)/
    礼文のユースってあのユースですか?
    港の見送りで踊ったり歌ったり飛びこんじゃうヤツ(笑)
    ワタシも何度か見ましたが凄い感激ですよね!
    でも船の別れは本当に辛いです。
    年老いた両親の姿がゆっくりと少しずつ小さくなっていくのは・・・
    車や飛行機だと「あ~あ、行っちゃった」なんですけどねぇ

    石垣の島はずいぶん変わりましたが
    海はきっと変わってないと思います。
    サンゴも死滅するところもあれば復活するところもあり
    これ以上自然を破壊しないようにという活動も盛んですし。
    コバルトブルーの海を見に
    またぜひいらしてくださいね ( ^-^)o

  6. ♪ちゃあ | URL | -

    vanillamamaさん♪

    北海道の、それも北の果ての離島の暮らしは
    昔は大変だったと思います。
    漁師のお父さんは冬は仕事が無いので
    出稼ぎに行ってましたからね~
    うちのダンナは家族と離れて暮らしてたから
    今すごく家族を大切にしてくれるのかな~なんて思ったりします(*^▽^*)
    うちの息子たち、海辺で育ちましたが
    あまり泳ぎは上手じゃないですよ~
    沖縄の人は「海は危ないから泳がない」で、泳げない人多いんです(マジ)

    映画の内容は・・・う~ん・・・見てください(笑)



  7. ♪ちゃあ | URL | -

    もんぶらんママさん♪

    わお~~、大河ドラマ~≧(´▽`)≦
    ドラマチックじゃなさすぎです(笑)
    沖縄って結構北海道から来てる人多いんですよ~
    日本各地の人が住んでいて合衆国のようです。
    で、出会って結婚する人も多いからうちも普通ですね(*'-')b

    北海道も東京もそうしょっちゅうは行けない場所なので
    やはり親の事はすごく考えますね。
    めったに会えないこんな遠くに住んじゃって親不幸してると思います・・・
    最初はお父さんが具合が悪くて札幌に移ったのですが
    お母さんの方が急に痴呆が進んでしまい、
    お父さんがしっかりしてきて元気になってます。
    前回札幌に行った時、かいがいしく世話を焼くお父さんにビックリしましたが
    長年連れ添った夫婦愛をひしひしと感じました・・・
    うちの父は早くに亡くなったので
    母は何十年も一人なので
    こうやってよぼよぼになるまで夫婦でいられるなんて
    なんだかすごいな~っていつも思うと同時に
    母はさぞや寂しいのだろうと・・・
    遠くの親を思うと切なくなりますね。

  8. ♪ちゃあ | URL | -

    金BOOさん♪

    はいさーい、ご無沙~汰~アンダギー!
    沖縄は外国みたいなもんだからね~~
    与那国なんて言葉わからんし(笑)
    ダンナ、北国で生まれ育ってるくせにすっごい寒がりなので
    絶対寒いところでは暮らしたくないみたい。
    貧乏で灯油が買えないと死んじゃうかもしれないからね~
    石垣だったらなんとか食べてけるし、道路で寝ても死なない(〃^∇^)o

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umibenoiewendy.blog20.fc2.com/tb.php/599-07c92c78
この記事へのトラックバック


最新記事