父の命日

2009年11月10日 17:18

昨日の夕日


今日はワタシの父の命日だった。

亡くなって31年…
46歳という若さで人生を終えた父。

もう何年もお墓参りに行ってない・・・
きっと代わりにアニキが行ってくれただろう。


長崎に住んでいたうちの家族は
4人兄妹の末っ子のワタシが生まれてすぐ
ひと旗あげに(?)東京にやってきた。

長男だった父の肩には
祖父母、母、子供4人、父の弟、の大家族の生活がかかっていた。

高度成長期の波に乗り、
東京の片田舎で土木業を営み始めたが
あまりお金持ちにはなれなかった。

ワタシはお年頃になると
浅黒く、ニッカーズボンと地下足袋をはいてる父がすごく嫌で
怖かったから反抗はしなかったけど
あまりしゃべることもしなかった。


ある晩、ちょっとしたことから
ワタシと一番上の兄とが口論になり
あまりに生意気なワタシにキレた兄に殴られたことがあった。

顔面・・・目の近く・・・
みるみる青タンになっていく・・・絵文字名を入力してください


港

ワタシも頭にきて、
電車で2駅のところに結婚して住んでいた姉の家に家出した!

ちょうどその日は父の帰りが遅くて
この現場にはいなかった。

次の日はめっちゃ「青タン」だったので仕事も休み、
一日してワタシも言い過ぎたと反省してた頃
兄が迎えに来て謝ってくれたので家に帰る事にした。

「女の子の顔を殴ってこんなにして・・・
絶対お父さん、お兄ちゃんを怒ってくれる」と思っていた。

家に着くと2人ともお父さんの前に座らされ

「お父さんが死んだらお兄ちゃんがお父さんの代わりなんだから
ちゃんということを聞きなさい!」

と、ワタシがきつく叱られた・・・



次の日、妊娠6か月の姉が様子を見に来てくれた。
いつもは暗くなる前に帰るのだが
「今日はお父さんの顔を見て帰る」と言って
お兄さんも来てみんなで賑やかに晩御飯を食べた。


お父さんが死んだのはその日の夜中だった。

もともと心臓が悪かったのだが
今で言う突然死・・・。

救急車も間に合わずあっという間の出来事だった。


港2

今思えば

お父さんがワタシを叱ったのも
姉がお父さんの顔を見て帰ったのも
虫の知らせかな・・・

楽しみにしていた初孫の顔も見ることなく
母にだけ「さよなら」と言って旅立ってしまった。



私たち兄妹も、とうに父が死んだ歳を越して
今更ながら「こんなに若くして亡くなったんだ・・・」と
父の無念を思うと心が沈んでしまう。

父の短い人生は
生活に追われすぎて
若かったワタシにはあまり幸せなものには見えなかったけれど

今は、それなりの小さな幸せはあったろうと思ってる。

家族と笑って食事をするだけでこんなに幸せなんだから・・・

そうだよね、お父さん。







にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村




スポンサーサイト


コメント

  1. みゆき | URL | -

    今晩は!

    お父様の命日だんですね。。。
    私の父は 42歳で亡くなりました。
    私もとっくに父の亡くなった年齢を過ぎちゃった。

    今 生きてれば いっぱい親孝行出来たのにって思う。

    若くして亡くなっても きっと幸せだったよ。。。

  2. ダンクハハ | URL | vlz/yJMU

    そっかぁ~~~
    お父さん、若くして亡くなられたんですね。
    虫の知らせと言うか、偶然が偶然を呼んで、結局家族で晩御飯を食べられて良かったね。

    私も頑固で職人気質の父が怖かった。
    でも今思えば、叱られたことに全て意味かあったとこの年になってようやく理解できるようになりました。

    ささやかながらこうして元気で暮らしていけるのも、両親がいたからこそだよね。
    私も父に「ありがとう」が言いたいです。

  3. 大島の母 | URL | nlBqyCS.

    31年になるんですねぇ。
    突然の親の死を受け入れるのって難しそうだなぁ。

    広島の祖母が、いつ何が起こってもおかしくない状態になっていると聞いても、いまいちピンと
    こないでいる自分がいます。
    90を過ぎた祖母にさえそんな風に思うのだから
    働き盛りのお父さんの死をみなさんがどのように
    受け入れたのか・・・想像がつきません。

    家族にも、自分にも
    今後どんなことが降りかかってくるかわかりません。
    日々の暮らしを大切に過ごして生きたいと思います。

  4. ann | URL | wLMIWoss

    はじめまして

    はじめまして・・reikopepさんのブログから参りました。
    ↓のメモリアルドッグについて大変興味深く拝見していましたが、
    本日の記事になお深く心打たれています。
    私は仲良しの従弟を43歳で亡くしたばかりでその息子のことを思いましたが、
    この記事を読ませていただいてまた勇気も持ちました。
    短くとも良い人生というのはあるのだと確信しています。
    また伺わせてください!

  5. ♪ちゃあ | URL | -

    みゆきさん!

    え~、みゆきさんのお父様42歳で亡くなったんだ・・・
    早すぎるね・・・
    ワタシは高校卒業した年だったけど
    みゆきさんはもっと小さい時だったでしょう?大変だったね。

    初めてのボーナスで父に安物のサマーセーターを買ったのが
    最初で最後のプレゼントだったなぁ。

    私たちが楽しく笑って毎日を過ごすことが
    両親の一番の幸せだよね。
    それが親孝行だよ、きっとv-411

  6. ♪ちゃあ | URL | -

    ダンクハハ~!

    昔のお父さんはみんな怖かったよね~
    友達みたいにおしゃべりできるお父さんなんてありえなかった!!

    親をありがたいと思うようになるのは
    子供を持った時か親が亡くなった時・・・
    きずくのが遅くて娘らしいこと何にもできなかったなぁ。

    何十年も、父の事を思い出しても、
    もう涙も出たことなかったけど
    今回こうやって初めて文章にしたら
    久しぶりに泣けてしまった・・・

    いつか父に会ったら「ありがとう」ってちゃんと言おうっとv-410

  7. ♪ちゃあ | URL | -

    大島の母!

    ワタシは、お父さんが亡くなった後
    平気で夜遊びもするようになって
    しばらくして見かねた兄にこっぴどく説教されたよ。
    あ、手をあげたのはあれが最初で最後だから安心してv-411

    怖いお父さんがいなかったから石垣にもきちゃったし、
    おまけに結婚も!
    お父さんがいたら沖縄に住むなんて、絶対言い出せなかったから
    なんか運命の通り生きてる感じ。
    ワタシとダンナの「赤い糸」って~~やつ!?v-411

  8. ♪ちゃあ | URL | -

    annさん!

    はじめまして!ご訪問ありがとうございます!!
    メモリアルドッグご覧いただけましたか~v-411
    愛犬ウェンディが死んでしまって
    心の穴を埋めるように作り始めたのですが
    未熟な腕のワタシを、皆さんに温かく見守っていただいてます。
    ちょこちょこ覗いてやってくださいね!!

    従弟さん、若くして亡くなられたのですね・・・
    息子さんはまだお小さいのではないでしょうか。
    人の幸せは人生の長さじゃなくて
    どう生きたかが重要…っていいますが
    残された息子さんは、きっとお母さんや家族を思いやれる人になるはずです。
    その息子さんの生き方こそが、
    亡くなったお父さんの幸せの形なのかな・・・と。

    なんか意味不明かな~ すみませんv-410
    久しぶりにちゃんと父の事を思い出して、いい供養になりました。

  9. なごやん | URL | HCBxyrqc

    はじめまして。

    はじめまして。ゴンちゃんのブログから来ました。
    いつもコメントどうしようかな?と思いがら、読み逃でした。
    私も2年前にゴルゴルをなくしました。
    それで、♪ちゃあさんの、かわいいワンコのメモリアルドッグに
    いつも釘付けになっていました。

    わたしの父は♪ちゃあさんのお父様より倍くらい生きて
    ゴルゴルの2年前になくなりましたが、
    昔気質の頑固親父で、親不孝な私はゴルゴルをなくした時のほうが
    悲しくて…

    今日の記事を読んで、本当に心に染み入りました。
    お父様は短い人生だったけれど、一生懸命働いて、
    子どもさんを4人も持つ事が出来て、
    そして、こうして思い出してもらって
    きっと心の中で永遠に生きておられると思います。

    私も最近父の事をよく思い出します。
    苦手な父でしたがやはり父があって、今の私があると思います。
    ゴルゴルは父の命日の次の日に旅立っていきました。
    ゴルゴルも父もお互い大好きでしたから。

    ♪ちゃあさんは、石垣に住んでいらっしゃるんですね。
    私は沖縄は大好きです。
    ♪ちゃあさんのブログを見て、石垣の風景に癒されています。
    また、お邪魔したいと思いますのでよろしくお願いします。

  10. 近藤恵美子 | URL | LOVNQpuY

    初コメです。

    ちゃあさんのお父様のお話…
    感慨深く何度も繰り返し読ませていただきました。
    朴訥で生真面目なお父様のお人柄が偲ばれました。
    そして、シャイなお父様の最後はお父様らしい
    素敵な最後の晩餐‥だったのですね。

  11. お父様 きっと幸せだったでしょうね
    みんなで楽しく食事されたこと 抱きしめながら
    逝かれた事だと想像します

    私の父は 癌でした

    突然の死と 苦しみのある死と
    どちらがいいとかは ありませんが

    残されたご家族は きっと辛かっただろうと思います 
    覚悟が出来ていないって 想像しただけで
    震えがきます
    でも 家族が多かったから 
    きっと乗り越えられたんでしょうね

    思い出して差し上げてることが
    いい ご供養だと思います

  12. ♪ちゃあ | URL | -

    なごやんさん!!

    はじめまして!!
    ゴン爺さんからですかぁ~、ご訪問いただいて嬉しいです!
    ゴルちゃん、亡くなって2年ですか・・・まだまだ寂しいですね。

    ウェンディが死んで4カ月。
    ワタシ、最近泣かないでウェンディの思い出話をできるようになりました!

    今日も2頭のゴルに出会ってめちゃめちゃなでまわしてきました!
    石垣はゴルが少ないみたいなので、貴重な出会いなんですよ~~
    久しぶりにあの毛並みに触って、
    また犬と暮らしたい・・・と思うんですが
    やっぱりまだだめです・・・

    実はワタシも父が亡くなった時より
    ウェンディが死んだときのほうが何倍も泣きました。
    父の時より引きずってます・・・

    これって自分の子供と同じだからでしょうか。
    ワタシが年をとったからでしょうか。
    父にはすまないな~~とv-411

    初めて父の思い出を文章にしたら
    思いがけず泣けてきました。ワタシも年をとったんだなぁ~
    両親がくれた命で今幸せに暮らしてることを
    照れずにちゃんと「ありがとう」と言わなきゃだめですね!

    これからも可愛いわんこ達が続々登場しますから
    ちょいちょい覗いてくださいね~~v-346

  13. れこぶ | URL | AQhVEoHE

    親って、
    いつまでたっても親で・・・
    なんか~ずぅ~っと口うるさくって、
    ややこしくって、
    でも、いつも守ってくれて、
    甘えられて、
    そんで、ずぅ~っと元気でいてくれる・・・
    よぅな気がするんだけど、
    いつか、さよならの日が、来るんだよね・・・

    わかってるんだけど・・・
    つぃつぃ日頃の忙しさにかまけて・・・

    反省!!!反省!!やねぇ・・

    ちゃあさまは~~4人兄妹の末っ子なのね。
    みんなの愛情、い~っぱぃ受けて~
    育ったんだね!!!
    だから~そんなに優しぃんだなぁ~って、
    思うよ!!!

  14. ♪ちゃあ | URL | -

    近藤さん!!

    ありがとうございます!

    あの日の晩は確か全員が家にいたと思います。
    みんなで食卓を囲んでいつもの食事の風景が
    父の最期の幸せな場面になったんですね。

    残された家族にもいい思い出になりましたv-411

  15. ♪ちゃあ | URL | -

    さりぃ・ふれあ・ちっぽのままさん!

    ・・・ままさん、そうです!
    家族が多かったから乗り越えられたんでした!今気がつきました!!

    ワタシは末っ子で高校出たばっかりでしたが
    兄弟はみんな成人してたし、親戚もいたし
    恵まれてましたね!
    父も安心してたと思いますv-411

    突然の死と苦しみのある死・・・
    どっちがいいんだろう。

    ウェンディの時は死を待つのがとても辛かった・・・
    まだ生きてるのに泣いてばかりいました。

    だからダンナには
    「もしあなたが病気で余命宣告されても、
    主治医には“妻には言わないでください”って言っといてね。
    じゃないとワタシ泣き暮らしちゃって、残された時間が楽しくなくなるよ~」
    って言ってありますv-411
    手がかかる女房です。

    重い話題なのに付き合ってくださってありがとうございますv-363

  16. ♪ちゃあ | URL | -

    れこぶさん!

    ほんと、親って生まれたときからあの姿形で
    それ以外想像もつかなかったけど
    同じように子供の頃や青春があったんだよね~
    まさか自分の親が死ぬとは思わなかった。
    年老いた親を「大往生」と笑って見送ることができるといいね・・・

    うちはすごいよ~
    きれいに2歳ずつ、男、女、男、女の4人兄妹。
    貧乏な家族だったから生存競争が激しくて
    一番小さい私が生き残るにはとにかく「早飯!」

    だからいまだにご飯食べるの早いよ~~v-411

  17. 金たろ母ちゃん | URL | RYp6tJ8E

    こんばんは。
    最近読み逃げばかりでごめんなさい。
    お父さんの思い出、いつまでもちゃあさん達兄弟の胸の中にあるってことは、それだけお父さんの愛情が深かったってことだと思います。

    父親というものは、年頃の娘にとってうっとうしい存在なんですよね。
    母には話せることも父には知られたくない、ってことたくさんありました。
    でも、多分母より父の方が心配してくれてたと思います。(母は女同士だからわかってる部分があるから・・・)

    私も、どちらかといえばわが道を行ってしまった方です。
    その時は親の気持ちがわからなかったんです。
    子供を持って初めて親の気持ちを知るんですね。

    ちゃあさんの作られるワンコ達がやさしい顔をしてるのは、ちゃあさんが愛情いっぱいの家族の中で育ったからなんですね。

    これからもみんなの心をいやしてくれるわんこ達、作っていってくださいね。



  18. 私の父は癌で13年前に亡くなりました。
    67歳でした。今月の4日が命日でした。
    お酒もたばこもすごい人だったんで長生きは
    無理かなぁと思ってましたが、最後はあまりにも
    あっけなく・・父の死は私にとっての死生観を
    変える出来事になりました。
    自分の中で悩む時、一番に「どう、思う?」
    って思い出すのが父なんですよね。
    お葬式で弔辞を読んだ、当時中2の息子は
    父と同じ大学にやっとこさ入学し、幼少の頃に
    父が酔うと歌っていた校歌を同じように歌えて
    嬉しいと言っております。
    寡黙な人でしたが、孫の心にも生き続けている事が
    何よりです。

    ちゃあさんの内容で、私もまた心の供養が出来ました。
    ありがとうございます。

    本日、無事にちゃあさんの元から 超チビ・ヘムが
    届きました。「まんずぅ・・・似てだぁはぁ」・・
    秋田弁で「とにかくよく似ていたわぁ」という事です。
    まず取り急ぎ、こんなところからのご連絡でした。

  19. ♪ちゃあ | URL | -

    金たろ母ちゃ~ん!

    ありがとうございます。

    父とはちゃんと話をしないまま別れてしまったので
    今思えばやっぱり後悔しています。
    でもお年頃の娘には土方の親父を受け入れられなくて・・・
    父親って損ですよね。

    あんなに大家族を切り盛りしていた母は
    みんなを旅立たせ、ずいぶん前から一人暮らしになりました。
    大家族だったころを思うと寂しすぎますね・・・
    夫婦一緒に仲良く年を重ねていけるのは幸せです。

    今はワタシの長男が、期間限定ですが母と暮らすようになって
    お世話のしがいがあるのでボケ防止になるかと・・・寂しくないしね。
    これがワタシの、父への親孝行かなv-411

  20. ♪ちゃあ | URL | -

    ヘムmamaさん!

    うわぁ~、いい話ですねぇv-408
    お父さんに育てられたヘムままさんはやっぱり
    同じように息子さんたちを育てるから
    脈々と受け継がれるものがあるんだなぁ。
    息子さんが「校歌を同じように歌えて嬉しい」と言葉にできるなんて
    素晴らしいです。暖かい子育てをなさったんですね~
    うちに娘がいたら婿に迎えたい~~!!

    ちょっと重い話題にも関わらず
    思いがけず皆さんのお父さんとの思い出や
    死というものについて考えることができて
    とても有意義な時間をいただきました。
    ありがとうございました!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://umibenoiewendy.blog20.fc2.com/tb.php/100-df1f6db6
この記事へのトラックバック


最新記事