防災訓練。

2016年04月25日 16:55

熊本大地震で被害にあわれた方々に
心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を願い、応援しています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日は防災訓練でした。

石垣市では毎年この時期に自衛隊も参加して
大規模な防災訓練が実施されます。

__________________

明和の大津波による歴史的教訓の見地から、
明和の大津波が発生した4月24日を
「市民防災の日」と定め、その日を含む1週間を市民防災週間とし・・・
(石垣市ホームページより)
__________________

八重山地震について

ファイル 2016-04-25 15 17 27


熊本大地震が起こったばかりなので住民の防災意識も高く
高台への避難訓練のあと消防署員による
防災用品の使い方などの説明がありました。

沖縄振興の交付金(だったかな、汗)で今年建てられたばかりの
赤瓦屋根の立派な倉庫!
中には消火器やタンカ、リヤカー、災害多人数用救急箱、簡易仮設トイレ、AEDなど
33種類の資機材が配備されています。

2016y04m25d_152145038.jpg

18年前、この家に引っ越して数日たったころに震度5の地震があり、
まさかの津波警報発令!
まだ小さかった息子たち二人を車に乗せて
あわてて山の上まで避難したことがあります。

いつ自分の身に起こってもおかしくないような地球の様子・・・
他人事ではありません。

ファイル 2016-04-25 15 17 04

明和の大津波ではこんな伝説もあるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある日、白保の漁師達が漁で人魚を捕獲してしまい、
その人魚を放すお礼に人魚から大津波が来ることを教えられた。
村の中ではこの情報が確かなものか議論するが、
結局信じる人々は於茂登岳に避難し、
信じない人々は村に残るという決断を下す。
そして津波は起こり、村は津波に飲み込まれてしまう。
生き残った人々で白保村を再興、現在に至ると伝えられる。
(ウィキペディアより。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワタシ、ぜーったい信じます!!

ファイル 2016-04-25 15 16 53

防災倉庫には汚水をろ過して飲料水にする装置もありました!

住民    「ここの池の水も飲めるんですか?」
消防隊員 「飲めますよ」
住民    「じゃあ、おしっこも飲めるの?」(お約束)
消防隊員 「飲めますよ」
住民    「うわ~、そんな日が来ないことを祈ろう」


ほんとうに。



今日もポチっとよろしくです!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


最新記事