ゴールデンのラッキー。 フェルトわんこ

2012年12月28日 21:25

2012_12050025.jpg

フェルトわんこのラッキー君!

にっこにこさんですよ~
ザ・ゴールデン!というような笑顔ですね~

ラッキー


ラッキーママさんより。

・・・・・・・・・・・・・

今年の2月も元気に11歳の誕生日を迎え、
当然ラッキーの居る生活がまだまだ続くに違いないと思っていました。

それでももう老犬なので夏は家の中で生活させてあげなくては
(我が家はずっと外飼いでした)体力的に無理かな?
そう考え始めていました矢先の4月末。
食いしん坊のラッキーが急に食事を残す様になりました。

手で口元に持っていくと少しパクパクと食べるものの
直ぐに止めてしまいます。

ラッキー2

そんな状態が3日程続いたのでさすがに心配になり病院に連れていくと
ラッキーのお腹の中はいくつもの腫瘍でいっぱいでした。

余命宣告を受け、それでも投薬のおかげか
10日程はゆったりと元気に過ごしていましたが、
何も食べる事が出来なくなってからの衰弱は早く、
5月25日の朝虹の橋に旅立って行ってしまいました。

ワンコの一生は人間の何倍も速く過ぎていくのを痛感した数週間でした。

2012_12050026.jpg

我が家にもちゃあさんのお宅と同じで
幼稚園の年長から高校3年までワンコと一緒に育った息子がおります。

いつも嬉しいこと悲しい事嫌な事があるとラッキーの所に行き、
身体をポンポン叩いたり頭を撫でて気持ちを落ち着かせていましたし、
ある意味思春期と反抗期を共に過ごした兄弟の様な存在だったので
当時の彼の落ち込み様は大変なものでした。

そんなちょっと気弱な息子の大学受験のお守りになってくれればと
今回メモリアルドックの注文をさせて頂きました。

我が家にまたラッキーが戻って来てくれるのを楽しみに待っております。



・・・・・・・・・・・・・・・・


2012_12050032.jpg

うちのウェンディと最後の様子がとてもよく似ており
身につまされる思いで読みました・・・
息子さんもわんころと同じ歳で・・・さぞショックだったでしょうね。

以前も書いたことがあると思いますが
イギリスのことわざでこんなものがあります。

・・・・・・・

子供が生まれたら犬を飼いなさい。

子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が大きくなった時、自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。

・・・・・・・・


子犬と一緒に成長した子供たちは
優しさや思いやりや、たくさんのことを教えてもらいました

ステキなわんこ達に感謝!

2012_12050034.jpg


<業務連絡~>
わんこをご注文済みの方で
お写真などをまだご準備いただいてない方は
お早めにお送りくださいますようお願いしますね~~!!

只今ランキング第2位~!!いつもポチっと応援ありがとね~!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト


最新記事